しっぽ

ただの掛け持ちジャニヲタの戯れ言オンパレード

KATーTUN LIVE TOUR 2018 CAST を体験してきた①




こんにちは、ご機嫌いかがですか?私はCASTをロスってて辛いです。現場は終わった後より始まる前の方が生きていて楽しい!!って思う。これ私だけかな。




CAST大阪公演2日目に行ってきました!そう、オーラス!!!オーラスしか申し込んでないし、オーラスしか行かなかったんだけど、本当にアホ?!って正直思ったライブで。

10ksぶりのKATーTUNは楽しくて仕方なくて、今でも楽しかった事を思い出しては終わってしまったことに悲しくなってるんですが、何せ私……鳥頭だし、ところてんだから次から次へと繰り出される演出を見ると、前の事を忘れていくんで、もう既に忘れてる箇所があって、それはかなりマズイな…と危機感を感じたので、とりあえず忘れてないものだけでも、忘れないうちにメモっとこうと思い、はてブロに書く事を決心しました。

それではどうぞ!!!(何年も書いてるくせに本題の入り方が分かんないヲタク)









・New Genesis

さらっとOver tureが終わると、イントロと共に前のメインモニターに「FINAL」の文字が出てきて。その時点でもうボルテージ上がるよね。上から出てくるのは実は知ってたんだけど、それでも実際上から出てくるとビビる。

重厚感溢れる衣装で上から降臨してくるKATーTUNは、Genesis(=創世記)なように世界を創り上げた3人のように見えて。今から3人が創り上げんだ〜ってワクワクすると共にドキドキが止まらなくなった。

後、前に触れたけど「傷ひとつないやつに 世界など動かせない」って亀梨和也が歌うのは強すぎるんだ。KATーTUNなら世界は創れるし、動かせるよなって確信させられる。この時点でお値段以上ライブなの確定。

後、Jr.の衣装!!!すっごいカッコイイんだよな。中世の騎士?っぽい感じで。今回ついてくれてたJr.をちゃんと把握してたJr.担の人格の私は「お金かけてる〜〜〜」ってなった。

亀らじで、戴冠式がテーマの演出だったと話してるのを聞いて。「高く固い明日の扉など恐れずに叩き壊していく」って歌って『戴冠式』をテーマにライブが始まるKATーTUN強い怖いって思った。



・FIRE STOME

地に降りてきたKATーTUNが早々にあの衣装を脱ぎ捨てたのは流石すぎたなぁ。でもその脱ぐ瞬間すら演出として盛り込んでるのはカッコよかった。見せる脱ぎ捨て。

あの重厚感溢れててカッコイイ衣装は、所詮OPの衣装でしかなくて、自分たちを魅せるだけのもので、その1曲限りでしかないのに、手は抜かないしお金を存分にかけるKATーTUNには信頼しか無いなと思った。

そして何より特効!照明!ちょっと好きすぎて無理ですわ!!!ってニヤけが止まらないヲタクになってた。ライブの演出をうっかり少プレで見る前、FIRE STOMEは火柱ガンガン上げるし、レーザーとかビヨンビヨンしまくってて(もっといい表現あった)、死を覚悟するやつや絶対………と思ってたら、その想像を遥かに超える火柱とレーザーで。でも生はそれを更に超えてた。

だって……これだよ??

f:id:greentea10:20181024211707j:plain

私、大阪城ホールの民とまではいかないけど、年1〜3ぐらいで絶対行くんですけど、大阪城ホールじゃない…ってなったっていうか。ここドームか?東京ドームか?じゃなくても京セラドーム?って勘違いを起こしそうになったんですよね。それぐらいの特効とレーザーの量。照明ギラッギラ。これがKATーTUNなんだ…って目が覚めた。

それに皆バラバラなんだよね。振り付けとか衣装とか。その個性。それがKATーTUNだ。と震えが止まらなくて。FIRE STOMEの演出は期待しまくってたけど、それ以上でもうなんか……生きててすんません、ここで呼吸しててすんません。いや、もう納税します。KATーTUNに納税しますって感じでした。

ダンスは今回の大阪公演不在だった江田ちゃん*1だったらしく、実際に見てみたら何となく分かった気がした。江田ちゃんっぽいんだよな。具体的には語れないんだけど。

それぞれの花道を3人がJr.引き連れて踊りながら前に進んでいく姿がカッコよくて、というか強すぎるし、でもレーザーギラついてるし、炎上がりまくってるし、情報量多すぎじゃね?らしさ全開かよって思ったな。期待を裏切らん。



・ONE DROP

FIRE STOMEの余韻で記憶抜け落ちかけてるんだけど、中丸くんがジャケットを肩だけ外した着方をしてて。この人変わんねぇな〜昔から暑いけど脱ぐわけにいかないからってその着方するよな〜〜〜って思ってた。その時私も暑いんだけど上着を脱ぐのによそ見するのが勿体なさすぎて肩落として着てたからお揃いだね!(黙れ)

てことで何一つ覚えてない!!



・UNLOOK

バクステでやってたよね??まさかやるとは思わなかったなぁ。でも何か記憶抜け落ちてるんだよね…。まだFIRE STOMEに殺られてた。あ、でも亀ちゃんがサングラスずらし外したのってここだったはず!何回見ても悲鳴あげちゃうし死にそうになるよね。



・喜びの歌

やっぱり覚えてないんだよね…笑
でも亀梨くんがあのムビステに乗ってたのはここだった気がする…。

(´∀')愛してる〜愛してる〜
のタイミングでさっきまでアリーナの方見てたのに、スタンドに振り向いてギャーーーー!!!!!って周りのヲタクが叫んだのを覚えてるから。でもそれすら間違ってたらもうどうしようもないな。

本当にところてんみたいな記憶力。



・願い

まだ覚えてないんだけど?!メンステでしっとりと歌い上げてたのは覚えてるけど、それ以上のことは出てこない。どんだけFIRE STOMEの情報処理に時間かかってんだ。ポンコツ脳みそだな。



・Jr.紹介

光るアルファベット型の装置?小道具?を持ちながら踊ってて、ちゃんとカメラ抜いてくれるし、名前を出してくれるし。名前が出た時に「あ、自分のイニシャルのを持ってるんだ」と気づいた。遅い。スクリーンに名前出してくれるの優しいな。KATーTUN兄さん優しいわ。

宇宙Sixが3人なのに、ウッ…てちょっとなったけど。なったけど耐えた。本当に江田ちゃん持ってんだか持ってないんだか。



・READY FOR THIS!

本ステで比較的カッチリとした衣装で歌ってた。すっごいオシャレだったし、チャラかっこいいし、いい雰囲気で楽しそうだったんだよね。KATーTUNもJr.も一緒に「READY FOR THIS!READY FOR THIS!」ってやってるのが。めっちゃ平和でさ、何か泣きそうになった。泣くポイントがおかしい自信はある。

この時のJr.の衣装は白で統一してるんだけど、中がバラバラでTシャツもいれば襟のシャツもいて。でも宇宙Sixは柄があって、無所は白無地なのはちゃんと差があった。幸大くん*2がパーカーだったのがリアコ臭あったなぁ。



・DIRTY,SEXY,NIGHT

演出が天才だった。ハットを投げ捨てる為だけにハットを被った中丸くん、ヒィーーー!!!ってなった。投げ捨てる為だけのハット…最高の無駄使い…(褒めてる)亀ちゃんはカーテンみたいなやつから登場したけど、それも曲の雰囲気に合ってて最高だった。

やっぱり中丸くんに「止められないけど 優しくしてあげよう」のパートを歌わせようとした人は天才だから、もっと堂々と生きて欲しい。あわよくば金一封送らせて欲しい。CD音源ほどこってり感(こってり感?)は無かったように感じたけど、それも味だな…と。何か優しくする気一切無さそうで。どちらになっても結局喜ぶチョロさ。

これも江田ちゃん振り付けだけど、らしさがかなり出てて好きだった。元々この曲好きだけど、振り付けでさらに好きになった。



・Ask Yourself

イントロ来ると、はぁぁぁぁあ………!!って何か変な声出す。イントロがカッコイイもん。変な声を出すのを耐えることは出来ない。

そしてメンステ→センステへ移動する時のあの感じ!伝わる!?カッコよくない?!3人で進むことの意志を改めて見させて貰えて、はぁ〜〜〜って深く息を吐いた。

バックは宇宙Sixだったんだね。江田ちゃんの代わりに入った影山くんが様になってて、というか元からそこのポジですよね?って聞きたくなるくらい、しっくり来てるしフリとか移動とか、全部物にしてるんですよ。凄いなって思った。



・Don't wait

小さいムビステに各々乗ってバクステに移動だったかな?私が入った席は上田くんが来たんだけど。

あの人さ…鍛えてるし、実際腹筋バッキバキでさ。私ずーっと双眼鏡で腹筋見てたんだけど(ずっと見てたんかい)、身体薄くない?!あの筋肉であの薄さ!いや、薄いといえば中丸雄一だったから、上田くんの薄さなんて気づきもしなかったんだけど、うっす!!!ペラッペラやん!!バッキバキやのにペラッペラやん!!!!!って思ってたら、曲終わってたよね。

あ、その上田くんはそこら一帯をファンサで狩ってましたね。あれは狩りだった。



・Sweet Birthday

やったのは記憶してんだけど、全く覚えてないのは何でなんですか。……何してたかまったく覚えてません……。



・GREATEST JOURNEY

これもやった記憶はしてるんだけど、何も覚えてないんだよね……何してたんだろ…。

でも最後の自撮りのやつで、幸大くんが上田くんにちゅーしようとした感じになってて、うえこた?たつこた?分かんないけど尊かった…。幸大くんって上田くんに対して昔から唯一強気でいけた後輩で(こたくんそういう所ある)、それは今でも健在で、上田くんってやっぱどこか昔から勘違いされるっていうか、やっぱり後輩から距離置かれがちな人だったから。そうやってグイグイ来て優しい先輩だと言ってくれる幸大くんは、本当に素敵な人だなって思った。そしてそんなこたくんに何だかんだでデレて可愛がってくれる上田くんも優しい先輩で。いや〜〜〜尊いな!!!!今回のツアーは、かめめめっていう尊いコンビも生まれたけど、うえこた?たつこた?も尊いな!!!!

っていう曲関係ない話。

目黒くん*3も亀ちゃんの真似してて、流石かめめめ。一切ブレてなかった。




・MC

こんな感じの話してたよ〜みたいな感じでざっくりまとめます。順番とかバラバラだろうし、ニュアンスだけど許してね。

大阪城ホールでのライブは11年振りだと中丸くんが発言したんだけど、それにわ〜〜!ってなる会場。喋り続けれなくなったことに対して
(冫、)今は俺が悪かった、ごめんごめん…
って言うのすっごいしんどい中丸雄一だった。てか11年振りなんだな…そりゃ私も大人になるよ……と時の進む早さに驚いた。

*DVD撮りのお話で。
(冫、)もう付き合い長いし、仲良いからお伝えしますけど、昨日がメインで今日は予備日です。
って中丸くんが言った時、付き合い長いは分かるけど、仲良いからって…友達かよってちょっとなったなぁ。でもその後上田くんが
(´・ω・`)いいか?!昨日の声超えればこっちが使われんだぞ!勝利は力づくで掴め!!!!!!!
って言ったの、本当に好きだった。それに対して、第三者視点で
(´∀')面白いよな。1人は予備日ですって言って、1人は力づくで掴め!!!って言うし…面白いグループだな。
って言った亀ちゃんも良くて、これがKATーTUNだよな〜〜って微笑ましく見てた。

大阪城公園にはでっかいグランドがあってそこで野球少年達が練習をしていた
(´∀')見に行くか迷ったもん、一生懸命ですごい可愛くて。
(冫、)気持ちわかるけど。日焼けしちゃうから。
(´∀')…いや、俺日焼けしちゃダメとかルールないから!

中丸くんは亀ちゃんは日焼けしちゃダメだと思ってたのかい……??亀ちゃんは女優……??

*亀梨くんのドラマの放送日が決まったよな話で、まだ完成を亀ちゃんも見れてないって話に。
(冫、)仮編の時、僕貰ってもいいですか?
(´・ω・`)口出すの?
(冫、)口出そうと思って
(´^ω^`)クレジットに中丸w雄一ってwww
(´∀')口出し中丸雄一、顔出し亀梨和也

この亀ちゃんの発言、ややウケでさ〜〜ぶっちゃけちょっと凍りついた気もするしさ〜〜〜このややウケだけど亀ちゃん自身は楽しくて面白くて仕方なくてさ〜〜〜可愛かったんだよな〜〜〜。

*密着300時間?300日?で私物とか怖いね〜って言ってる中の上田くんはまた人と違う心配をしてた。
(´・ω・`)ありのまま過ぎてもしかしたら嫌いになっちゃうかもしれない。でも嫌いになったら、それはそれまでだってことで……。でも!俺のことは嫌いになっても!KATーTUNの事は嫌いにならないで下さい!!!(泣くふり)
(冫、)あっちゃーーーーん!!!!!

すっげぇ悪ノリだった。悪ノリロバ丸。あっちゃーんって城ホに響き渡ったもん。ナニコレ。

他にもきゃっきゃしてて可愛くて、決して近づき過ぎないけど、遠すぎくはならない、絶妙な距離感で会話して笑い合ってるKATーTUNが好きだなってしみじみした。




・なかまループマシーン

(冫、)HBBしまーす
と言ってゆるっとコーナーが始まった。中丸くんのHBBさ、身体に響かない??私響くし、何かもうしんどくなってくるんだよね……。本当にカッコイイし、どんどん上手くなってて怖い…。

たっちを「桃太郎が言わなさそうなこと言いながら出てきて」っていう雑なフリをして呼び出したんだけど、亀ちゃんの桃鉄ネタに
(冫、)そっちですか
(´н')だって!そんなの桃太郎の動画なんて知らないしっ!!!

って駄々ゴネてギャーギャー言い合ってたら
(´・ω・`)ボンビー
って桃鉄ネタを被せてきて…笑いが止まらなかったんだけど、一旦ハケさせてリベンジ。

(´∀')ぱっかーん!
とかして何とかなったんだけど、その後公開ダメ出しになった時のお客さんが静かに見守ってるの平和だった。テーマが悪い、てか昨日と一緒じゃねぇか!!って文句言うたっちに対して、
(冫、)いや、それは2人の力量。どう面白くするかだから。2人ともそれが出来るから託してる。
と言い負かすの中丸雄一だよな〜〜流石だわ〜〜〜ってなったし、黙っちゃう上田くん可愛かったな。



・vivid LOVE

シーンとした空間からスウッと始まるのが絶妙な緊張感で。そして座りながら聴くのもゆったりとしてて凄い不思議な空間だった。

前回、春、梅雨、夏とあって何故秋冬は無いねんと言ったけど、春=桜=ピンク、梅雨=紫陽花=紫、夏=海=青 というように、メンバーカラーになってるというのを知って、ほぉ……ってなった。



宇宙Six紹介

原くんは舞台で、江田ちゃんは体調不良だとちゃんと説明する場があるのってやっぱ嬉しいなって思った。ほら、Jr.なんてそんな先輩のライブで話す場がない方が多いし…。ましてや不在な理由なんてもっと言えないもん…。

亀ちゃんが「今日でツアー最後だけどどうだった?」って聞いた時に、めめが、寂しいけど言葉に出来ない、けど何か言いたい!!亀梨くん!!みたいな何とも言えない表情で亀ちゃんを見てて、母性爆発しそうだったな。友達がよく「めめ産んだわ」みたいな事言うんだけど、理由が分かった気がした。

そして何より中丸くんが「江田マイクいつも持ってんのに、MCで喋んないじゃん。だから大阪で絶対喋らせようと思ってたのに」って言ってて優しすぎて嬉しかったんだけど、いやまじ江田ちゃん喋れよな💢ってなった。じじい喋らねぇからさ💢マイク持つだけでひとっつも喋んねえもん💢中丸くんのその気持ちだけでも嬉しいよ!!!!でも今回のツアーの立役者の1人だったし、誕生日も近いし、てかあの人関西出身だから大阪行きのチケットを手にしたら関西弁になるっていうよく分かんない仕組み持ってんのに!!何故!!!いないんだ!!!マジ江田じい!!!って笑いながらキレた。

最後に亀ちゃんが「原と江田の分まで…」って言ったんだけど、まるで亡き人みたいな感じの言い方で、吹き出したからもうオールオッケー。宇宙Six、KATーTUNに感謝し続けような。

後、誰も拾わなかったけど、山本くん*4が「またつぎもつけてください!!」って言ってて。この人マジで次も…って思ってる……って思った。サマパラ*5でもそんなこと言ってたけどガチか…と。でもそれだけ楽しかったんだろうし、リベンジもしたいんだろうなぁ…と。



UNIVERSE

KATーTUNパイセンが下さった(?)オリ曲!!衣装も予算で作って下さった!!自分たちで好きにさせてくれたの、本当に優しい先輩だな!!!と。

Jr.情報局で予習じゃないけど、どんな曲なのかは確認してて。めっちゃKATーTUNっぽいわと思ったら、どうやら候補曲から外れたものを下さった(?)らしく。通りでっぽいんだなぁと。

3人でやるUNIVERSEはあまりにも少なくて、何よりポジションをあまり詰めてないから江田ちゃんのスペースが空いてて、余計いないことに寂しくなった。でも3人の気迫が凄くて、圧倒されて、カッコよくて仕方なかった。今までの公演は、どちらかと言えばアウェイだし、座ってる人が大半みたいな空間だっただろうに、4人でやり切ってたんだよな…と思うと映像化は無理ですか…ホームビデオでいいんで……と思った。

最後の幸大くんのシャウトも、いつも以上に気合が入ってて、それは最後だからなのか、それとも3人だからなのか、それは分かんないけどあの時の3人の気迫は空気とか切り裂きそうだし、人も傷つけかねなさそうなぐらい尖ってて。今までで一番強いUNIVERSEな気がした。

私が入ったスタンドのブロックは座ってる人が多い印象を受けたけど、隣のブロックは立ってる人が大半だったし、座っててもペンライトは揺れてるし、終わって、深くお辞儀する3人に向けての温かい拍手には涙腺やられたなぁ。本当に3ヶ月間お疲れ様って気持ちでした。













思った以上に長くなってしまって…。トータルにすると10000文字超えてしまったんで、半分に分けます…!!

てことでこちらが続きです。すみません(?)




KATーTUN LIVE TOUR 2018 CAST を体験してきた② - しっぽ

*1:宇宙Six 江田剛 くん

*2:宇宙Six 松本幸大 くん

*3:宇宙Six 目黒蓮 くん

*4:宇宙Six 山本亮太 くん

*5:Jr.がTDCでしていたライブ