しっぽ

ただの掛け持ちジャニヲタの戯れ言オンパレード

KATーTUNのニューアルバムが最高なんじゃ

今回のは別の場所で書いてたものなんですが、退会するので移動させただけです笑









CASTマジ名盤。これ聴かな損するぞ。これ聴かなくて人生終わる訳には行かんぞ。

今回大事なのはここだけだから。この先は私がダラダラとライブ前の曲の印象を書くだけだから。興味あるなら読もう。とりあえずこれだけ言っとく。

今回のKAT-TUNのニューアルバム「CAST」は名盤だぞ。







じゃあ曲感想書く。


M1 DIRTY,SEXY,NIGHT

タイトル見て!!模範的にKAT-TUN!!これぞKAT-TUNみたいなタイトル!!!DIRTYだよ!!SEXYだよ!!NIGHTだよ!!いや〜〜〜マジKAT-TUNじゃん………。

曲はブラスが効いたジャズチックなドラマチックで大人っぽい曲。でもテンポが明るくて初っ端から楽しませてくれる。最高だな、おい。もうこのアルバム勝ったわ。優勝間違いなし。(何と勝負してるのか)

「止めれないけど 優しくしてあげよう」って中丸くんが歌うのマジしんどいですよ。知ってます???中丸くんですよ???マジっすかですよ???シューイチですよ???日曜の朝を担ってるアイドルですよ???そんな彼が「止めれないけど 優しくしてあげよう」ですよ????

ははは…………マジ無理だ。(ここで一度深呼吸をする)

「辞めないで なんて言わせない」って歌う亀梨くんは流石ジャニーズのセックスシンボルです👏


M2 Ask Yourself

唯一のシングル曲です。そりゃそうやな。3人でのシングル、これしかないもん。

「越えていけ明日へ 悲しみは此処で 躊躇わずに捨ててしまおう」って歌詞が重くて重くて仕方ないけど、これを歌えるのはKAT-TUNだけなのかもって思った。悲しくても明日へ進むしかないんだよな。

「君はどちらを観たい?真実か現実か」って歌詞は多分主題歌になってたドラマのストーリーに沿ってるのかなと思ったり。

『真実=実際に起きたありのままの出来事』と『現実=メディアだったり、第三者だったりに歪められるかもだが、それが正しい情報だと世間に受け入れられている出来事』、どっちがいいかい?って事なんかな。真実は残酷なモノだってあって、それに比べて現実はもしかしたら自分は傷つかないかもしれない。でも歪められた現実で君は強くなれるかい?

そんなKAT-TUNからの応援的なメッセージと私は受け取った。


M3 FIRE STOME

激推しソングです。見る限りあんまり話題に上がんないんだけど、これヤバくないっすか???って聴いた人皆に言って歩きたい。

KAT-TUNがEDM曲をするとこんな感じになるのかと思ったし、ざっくり全部聴いた中で一番好きやったんや。サビを打ち込みのみで歌詞が無いこともカッコよくて刺さった。何か洋楽EDMっぽいな。

どうやらこの曲はツアー前に消防法ギリギリを攻める曲とされてたみたいなんだけど、どうなったんだろうなぁ。聴く限りめちゃくちゃ火柱が見えるんだけどね。

私がガツガツ踊るJr.だったら、この歌詞ないサビでクソかっこよく踊りたい!!って力説してセトリ入りさせてもらうなぁ。(どの観点) どうやらこれバックについてくれてる江田ちゃん振付っぽいから超楽しみ。エダオグラファー!!!


M4 READY FOR THIS!

何となく荒削りでぶつかりまくってた6人時代のKAT-TUNを彷彿させた。荒削りと若さを武器として戦ってた頃のKAT-TUNを思い出されるんだよね。

ゴリゴリラップでヒップホップ系な感じ。こういう曲をゆるーく、でも抜かりなくオシャレにカッコよく歌えるから強いんだよなって思った。

最近は高音パートを担当する事ばっかりになった中丸くんの低音ボイスを聴ける貴重な曲です!!!!かと思ったら高音もあるし、ビートボックスもあるし!!!!ありがとう!!!生きててよかった!!!中丸くんの子宮に響く低音ボイス好きだったよ〜〜!!!!!!ありがとう、J-storm〜〜!!!!!!!!!!


M5 Don't wait

ここでミディアムテンポ曲に。歌詞が壮大に切ないんだけど、それを思わせないのはアレンジのおかげなのか…??バスがちゃんと効いてるし、ピアノの旋律も綺麗で、それが余計泣かせてくる。

デジャブがエピローグとか切なすぎじゃない??泣くよ??

本当に歌詞が綺麗なんだよな。綺麗なんだよ。洗練されてる。それが洗練されたメロディに乗るとこんなに切なくなれるんだな。

多分「僕」は「貴方」を残して死んだんだな。


M6 願い

タイトルが日本語だ(そこ?)

更にバラードっていうかアコースティック要素が強い曲で心地いいし、1番のAメロだけ左耳にはアコギが聴こえない様になっててアカペラで楽しめるのもいい。楽しみが増える。

恋人に向けてというか、親とか子どもとかそういう無償の愛って感じの曲に感じた。恋人に向けてが無償の愛ではないという訳では無いけど、多分愛の種類って違うじゃん??そういう曲をこんなにも優しく歌えるぐらい大人になったんだな。


M7 MoonLight

ラテン調に雰囲気がガラッと変わった。こういう壮大にも程がある壮大な曲、本当にKATーTUNらしい。

「In the night…」って1人ずつ重ねながら転調しながら歌っていくのヲタク好きでしょ??私は好き。

「歴史と(from the womb(子宮から))
未来の(to the tomb(墓場まで))
渦が天に昇る」
って歌詞の壮大さよ。子宮から墓場、つまり生から死までという短い一生が繋がり重なり…………何言ってんのかわかんなくなってきたわ。

この曲、hyphen(KATーTUNのヲタクと総称)が大好きで仕方ないMOONって曲と世界観が繋がってるらしくて、その辺も考えながら聴くとかなり楽しい。MOONは10周年ベストアルバムに入ってます!この辺も考察したいけど、誰も興味ないっしょ?ははは

なのに披露しないなんてな。酷いよ…。


M8 One way love

亀梨くんのソロです。「寝る時にベッドでゆったりと〜」みたいなこと言ってたんですけど、そんな曲のタイトルがこれよ??片思いって。

全編英語詞なんで和訳しちゃうけど「友達以上になってよ、友達以上になってってば」って電子音多めのくねっくねした曲に乗せて言う女々しさ凄い。流石亀梨和也……。

でも「Let me make you my girl」は全く女々しくない。流石っす…。エロく囁くからな、最後。流石ジャニーズのセックスシンボルです。


M9 Believe it

90年代ポップスって感じがするポップさ。キャッチーだなぁ。

「幸せにしてやるよ」「大切にしてやるよ」「この僕が約束を破ったことあるかい?」ってKATーTUNに言われると、ヒョエ…ってなる。「この僕が〜」は胡散臭すぎて信用出来ないけどな〜〜笑

こんなに可愛いのに「シャワー浴びようと言ってるのに 止まらなくなる」「シーリングライトで逆光になった君のライン」「僕の指先は君をなぞっていく」のエロさ。裏切らないね。


M10 vivid LOVE

ビビッド言う割にめっちゃしっとりとした曲。ギャップ激しい。

「切り取った場面をアルバムに ひとつずつキスして飾り付けた」って歌詞の怖さ。KATーTUNら愛が重い曲歌いがちだけど、これもそのタイプだった。病的に愛してる曲歌いがちすぎる。メロディと、歌詞のギャップが激しいな。

春とか梅雨とか夏とかの表記はあるのに、秋冬が無いのがより怖い感じにさせててよい。


M11 ツイテオイデ

流れからして凄い怖い曲に見えるけどめっちゃキャッチーで可愛くてカッコイイノリのいい曲です。カタカナが呪われてる感じを醸し出させてるのかな。呪怨が「ツイテ…オイ………デ…………」って言ってる感じあるもん。地獄に連れて行かれそう。

めっちゃ可愛いんだけど「僕らしか知らない夜」へ連れていくのは相変わらずだった。「ツイテオイデ」だけど「ツイテキテヨ」になる時もあって、可愛いんだけど、夜なのが裏切らなくてだな……笑

可愛いけどファンサ曲ぽいなって思ってたら、エダオグラファーらしいので楽しみです。


M12 World's End

虚構と書いてボイドと読ませる上田竜也のお通りだ〜〜〜どけ邪魔だ〜〜〜〜卍卍卍卍

ウエダソロです。はいそうです、超激しいロックです。上田くんはその時のテンションだったり、見た目だったり、そういうのを歌にするのが本当に上手くて、甘栗期に舞台ロミジュリをした時があって、その時のソロがロミジュリをテーマにしてて、本当にそういう事をするのが大好きで仕方ないんですよね。

「This world is MINE」らしいから、今日から私達はウエダに納税しような。(?)

上田くんは自分がそこまで好きじゃないんだろうなって思ってたし、だからキャラを作ってきたし、顔も隠すような髪型にしたし、化粧で隠してきてるんだけど、私はそんな上田くんも大好きだし褒め続けるから、あまり自虐しないでねって思ってます。という歌に関係ない話。


M13 Be alive

これがKATーTUNだ!!!これもKATーTUNだ!!!そうだよ!!!ってなる曲。この想像を絶するくらい壮大な感じ!!なのに「世界の片隅」にいる!!!これがKATーTUNだよ!!!!

中丸くんの「ありのままでいればいい 君の手で触れて欲しい」の「あ」の言い方がワイルド過ぎて、何かこの世の女全員死ぬ。(???)
なのに「君がくれた愛は」が優しすぎて死ぬ。とりあえず死ぬ。死ぬんや。

何となく、今回宇宙Sixが頂いた曲「UNIVERSE」に似てる感じするんだよね。

全員の歌唱の見せ所あるな。ライブでしないみたいだけどね。


M14 Marionation

お待たせしました!中丸雄一のソロです!!!

「生々しい変な恋愛の曲」を作詞家の方と相談して作ったと言ってたんですけど、中丸雄一×生々しい曲なんて、親和性抜群に決まってんじゃん。こういう報われない恋愛曲と中丸くんの歌声ってすごい合うんだよな。自分の生かし方を分かってんだよな。ヲタクの方がMarionationされてるよ(?)

「分かってんだよ 黙ってくれ」「悪夢の中 愛を貪る」「ただ聞き分けのいい おもちゃのように抱きしめられよう」って他にもグサッとくる歌詞はあるんだけど、本当にいいんだよね。何でこんなに似合うの??

中丸くんって二股する女とか興味無さそうというか粗大ゴミとかだと思ってそうだけど(偏見が酷いな)、そんな中丸くんが「あぁ騙されてあげよう 終わりまで」って二股してる女と関係を結んでいることを受け止めた上、騙されているフリをしているのは、彼女の為か、自分の為なのか。

関係は明らかに破綻しているのに、それでも共にいるのは愛がやはりあるのか。それともプライドなのか。「バカげてる」自分の行動にイラつき吐き捨てているような、その歌い方にはゾクッとくるな。

Marionation(操られている)のは、彼女なのか、はたまた彼なのか。


これだけ覚えてて。KATーTUNでヤバいのは誰でもなく中丸雄一だから。雄で一番な中丸雄一だから。



M15 Brand New Me

いきなりハッピーになるな。あの、夏のバカンスとかの地でのお昼のプールサイドとかで聴きたいな(?)

KATーTUNってドロドロダークな曲を基本的に歌うし、それが似合うから、こういうのは異質っていうか、今回のアルバム内では違う方向の曲なんだよね。でもこういう曲がある事が大事だし、アルバムを引き締めてんだなって思う。


M16 New Genesis

カァーーー!!!!!!(≧∇≦)←
こういうの!!!こういうカッコイイの!!堪らんな!!!このスケールの大きさ!!!好き!!!!

「傷ひとつないやつに 世界など動かせない」を亀ちゃんに歌わせたのは天才だったなってずっと思ってて。

何かある度に1番前に立って謝ったのも、その後先頭を切って進んだのも亀ちゃんで。ボロボロになってもKATーTUNを守ってきたのは彼なんですよね。それが私は辛くて辛くて見てられなくて。悪いのは(っていう言い方も好きじゃないけど)去っていった人達なのに傷つくのは残されたメンバーでその中でも亀ちゃんだったんですよね。でもそんな亀ちゃんがこれを歌うからこそ説得力が増すっていうか。(こんな事言ってるけど、私は6人も5人も4人も3人も全部全部大好き)

亀梨くんがどんなに傷だらけで、KATーTUNを捨てても、先頭に立たなくてもいい時でも前に立ってKATーTUNの亀梨和也でいてくれたから、今KATーTUNは存在しているのだと思ってます。本当に有難う………。って話が脱線した。

「傷ひとつないやつに 世界など動かせない」って歌うKATーTUNは何よりもカッコイイよ。


M17 Unstoppable

表題曲といえばいいのかな???音楽番組は大体これ披露してるし。

もうイントロで毛穴が全部開く。首撫でる中丸くんに全世界の女は死んだっしょ???死んでない?嘘でしょ……。

「何度でも押し寄せる衝動 君を壊したくなる」「ここにある僕だけのTreasure 誰にも触れさせない」壊したいけど、誰にも触れさせたくないっていう矛盾っぷり!!狂ってやがる!!!歪んでやがる!!!こういう所が好きなんだよ!!畜生!!!

「果敢ない夢に絆されながら 何処までも堕ちて行くよ もう構わない 例え世界の終わりが迫っても悲劇に踊らされていたい  今」


M18 薫

読み方はクンです。そう、KUN。KATーTUNの事なんです。KAMENASHI、UEDANAKAMARU。

歌のパート割りも中丸くん→上田くん→亀ちゃんって繋いでいく。歌い方もバラっバラでそこが個性の塊KATーTUNを表現してた。特に上田くんのAメロの巻舌全開のロック調で歌ってたのに、サビでキャラメルチョコレートキャンディーシュガーふわふわボイスで歌ってて、ちょっと笑った。

「戻らない日々は セピア色 輝いている だから そう うつむいてる暇はない」って歌う中丸くん。
「後悔はしない 未来を作るのさ」って歌う上田くん。
「夢に見てた あの景色と 違ってても 光る未来 描こう」って歌う亀ちゃん。
まるで一つの文章みたいに繋がってるんだよね。言ってることは違うけど、皆前を向いてる事だけは同じで、そんな事言われたら前向くしかないなって思うのです。いや、前向いてるけどな。





実はもう一曲あるんだけど、それは買ってないので聴いてません!!なのでこれで終わり!!!

全18曲でそのうち17曲が新曲という地獄っぷり。段々長文書くの飽きてるのが分かるくらい文短いところあるよね。書くのやめよっかなとか思ったけど、やっぱりライブ前に曲の感想だけは残しておきたいなって思ったから、頑張りました。









みんな!!!KATーTUNのニューアルバム「CAST」聴こうな!!!!聴かないで人生終わるのは勿体ないぞ!!!