君は私にとっての最強

戯れ言のオンパレード

ただのジャニヲタがKANA-BOONのライブに行ったんだって

そのまんまだよ。行ってきたよ、KANA-BOONのライブに!!



f:id:greentea10:20171015233015j:plain

ごめん、それっぽい画像が無いんだな…許して欲しい。

てな感じで、初めてZepp Osaka Baysideに潜入(?)したんで、そういったレポというかメモというか感想を書きます。







事の発端は7月。NEWシングル「バトンロード」を少し遅れて購入したのがきっかけでした。単純に曲が聞きたいのと、特典映像が気になって仕方なかったからです。特典映像は面白すぎて今でも笑いたい時は見返します。気になる人はYou Tubeにトレイラー映像があるから探して。くだらなすぎて面白いから。

そのCDの中に入ってたのがツアーの先行予約のコード?みたいの見て、まだ申込出来んじゃん…と思ったら、いつの間にかe+*1に登録して、気づいたらチケットを申し込んでた。そしてチケットは取れてしまってて、急いで入金して私は突然ながらライブに行くことになったのだ。





当日。

雨だし、寒いしで服にかなり悩んだが、お昼過ぎぐらいに出かけた。だが、普通にチケット忘れててすぐに帰宅。仕切り直しで出かけました。この時点で先行き不安。

しかし寒いし、雨だし憂鬱だな…と思いながら、大阪に出て戦に挑む前にホームタウンに癒しを求めようとジャニショへ…。今回はジャニーズWESTリュウセイフジイの写真と、親に頼まれてた出たばっかりの100円のミニフォトを何枚か購入。「顔が国宝級…天才的…ピース写真多すぎ…かわいい…」と語彙のないヲタクをした後大阪駅へ。

ここで二つ目の事件。いつものノリで外回り(大阪城ホール方面)に乗りそうになる。これだけではなく、何故かカバンから双眼鏡が出てくる。もう会場つく前からどったんばったんし過ぎて異常なほどの疲労感を感じながらも、桜島駅へ。駅の隣がユニバ。「ユニバとか全然行かないから、この路線全然使わないもんなぁ」と思いながら駅降りたら、雨がえぐかった。ひえぇ…と思いながら人について行って会場へ。

グッズを購入するのだが、もう雨のせいで周りの手慣れてそうな人たちも少しドタバタ。とりあえずラババンとタオルと、せっかくだからとペンケースを購入したら3000円以上越えたからとビニールのショルダーバッグを頂いたのだが、傘持ちながらそれを受け取って列から抜けると雨だしで、とりあえずその袋にグッズ詰め込んで何とかする、私の手際の悪さを痛感した…。悲しみ。

開場まで時間あるしと、離れたところにあるコンビニでお菓子買うけど、普通に会場と逆方向で気分がこの時点で下がってる。(おい) でも近くを走ってる高速道路が雲のかかった空と相まってめっちゃかっこよかった。何の話なんだろ。

ぶらぶらとしつつ開場時間15分前ぐらいに戻って、言われるがままに列に並ぶ。結構綺麗に並ぶもんなんだなぁ…真面目だなぁ…(?)と感心してたら入場口に。

整理番号順に入ることもあるのかして、チケットもぎりのお姉さんの前にスタッフのお兄さんがいて、そのお兄さんにチケットを見せてから、お姉さんにチケットをもぎってもらう。この時も分かってるも思うけど雨降ってて、傘持ちながらだからかなり詰まってた。チケットもぎってもらった後、ドリンクを引き換えるためのコインを受け取るべくポケットにしまってた500円玉を渡し、何とかドリンクを引き換えるまでを出来た。平然とした顔で。ドリンクは水やらジュースやらアルコールやら。結構あるけど、アルコールはカップだから始まるまでに飲まないと危険。因みにドリンクは公演後に引き換えるのもアリ。(これは個人的メモ)

私は今回、様子見で2階席をとったので、場所取りに必死なキッズたちや、ロッカーに荷物を入れるお姉さんたちを横目に2階へ。今年出来たばかりの会場だからとにかく綺麗。お手洗いも綺麗。そして2階席、全然ありだなと思えた。全然見やすい感じがする。雨で下がっていたテンションも上がってきて、とりあえず暇だからTwitterする。(ツイ廃)

そうするうちに開演の18時になり、アナウンスが聞こえたので、ちょっとそわそわする。(この間にも結構そわっそわしてたんですけど割愛)

アナウンスが終わってちょっと経ったくらいに、照明が落ちてライブスタート。メンバーが一人ずつ出てきてセンターでお辞儀してそれぞれの持ち場につく感じ。それを観客サイドが手拍子で迎え入れる(?)感じでもうこの時点でかなり楽しいなって思ってた。

ジャニヲタしてると、団扇やらペンラやら双眼鏡やらで毎回てんやわんやするけど、手には何も無い。強いていうなら肩にタオルかけてて、手にラババンつけてるぐらいで手がフリーだから、楽器の持ち替えやったり水分補給とかで暗転チックになるタイミングで水が簡単に飲めるのはいいなぁと思えた。

その後の記憶はあるようで無かったりする(笑)でも周りに合わせつつ自分のノリたいように手でリズム取ったり、手拍子したり、ちょっとしたC&Rしたりするの楽しかった。でもKANA-BOONは今回(実は)3回目だったからまだ合わせることが出来た感は否めないけど。

でもまぐろさん*2の挨拶に涙腺やられそうになったり、こがさん*3が服もギターも黒すぎて遠目から見てると結構背景に同化してるし、というかギターと一体化してたり、めしださん*4の言葉にグッときたり、こいちゃん*5が9キロ痩せた事に驚いたりと、どうでもいい事とか覚えてる。まだMCは覚えてるぞ!!セトリは忘れたけど、やった曲は覚えてる!!と今打ちながら必死にアウトプットしてる(笑)

ユニバが近くにあるからって凄い対抗してくるのも、ファンのツッコミに対応してくるのも面白かった。関西人だからなのかして、トーク上手い…。




結論としては全然怖い現場じゃない!!!!フェスに比べたら怖くないわ〜って改めて思った。あと会場はとにかく辺鄙な場所にあるけど、音響がめっちゃいい。Zeppの音響凄い。

でもロッカー問題とかどうなのかなぁって思ったりもするけど、結構あるから大丈夫なのかなって思ったりも。次は一階席のスタンディングを経験するのもありかな。流石に低身長にはキツいかな。うーん。って考えるけど、上から見ててそんなに怪我しそうとか帰ってこれないとかそういう事は感じなかった。まぁバンドによるだろうけど(笑)

後、その日は最高気温も15℃とかの寒い感じの日だったけど、ライブ中は普通に暑い。二階席でも少し暑いと思ったから、1階のスタンディングは更になんだろうなぁと思う。冬の時、服装どうすりゃいいんだと思ったりもするけど、こればっかりは経験値だよなと思ったりも。








次、こういう現場は来年の2月に大阪城ホールのが控えてるんで、更にジャニーズ現場と比べやすいかなぁとか考えてる。また書くかもしれない。興味無いだろうけど。とりあえず雨の日の現場はちょっと憂鬱になる。







素敵な2時間にお邪魔して、とても楽しかったです。右腕が現在筋肉痛で死にかけてるけど、それも思い出だよなぁ。うん、楽しかった!!!また行こう!!誰か一緒に行こ!!(結局そこ)









*1:チケットを取るためのサイトというか、仲介のやつというか

*2:ボーカルギターの人

*3:ギターの人

*4:ベースの人

*5:ドラムの人