君は私にとっての「最強」

泣いて、笑って、前に進もうね

過去をそっと抱きしめて





君が言ったその言葉を思い出そうとしていた。季節は冬から春に変わろうとしていた。そして、今にも聞こえてきそうな君の声で我に返る。どれだけ感傷に浸っていても、いつもの暮らしが続いていて、時間は無常にも過ぎていくのだ。あの楽しくて仕方なかったあの日から何も変わらず。

封印してしまったら全てが消えていきそうで、忘れてしまいそうで。美しくて儚く消えていきそうだった君は、同じく儚い思い出と共に本当に消え去ってしまった。

あの日が彼らの次のスタートラインだったんだ。互いに違う道を選んで、また夢に向かって走り出す為のスタートラインだったんだ。そんな事も分からなかった。馬鹿だなぁ。もう次の旅が始まろうとしてる。だからはぐれないように、迷わないようにせめて過去を抱えさせて欲しい。過去があって、今があるのだから。


君の秘密は何だろう。君はあまり自分の事を喋らないタイプだったね。プライベートが見えなくて、アイドル像を守り続けた君。それはあまりにもカッコよくて、眩しかった。

どんな人でも大切な人がいて胸を焦がしている。君にも…私にも必ずいるのだ。君の大切な人は誰かな?それももう聞くことは出来ない。…メンバーとだけ言って欲しい。それすらももう叶わない。

今まで9人で、8人で分け合って抱えてきたものが、次は1人で抱えることになる。きっと潰されるかもしれない。その時は思い出して?君が今まで歩んできた中で繋いできた手は嘘じゃない。君を助けてくれる手だよ。もう2度と戻れない、戻せない。そんな日々が愛おしくて愛おしくて。でも明日がまた来る。まだ…まだ何処までても行ける…飛べるんだ。可能性は無限大に広がっている。


「あの日 君は僕(私たち)になんて言ったっけ…」そんな事考えたって無駄だと悟る。もう関係ないんだ。ステージに立つ姿を沢山見て、沢山の思いを聞いて、季節が過ぎる毎に涙を流して…。でも君は君。誰かに縛られるようではつまらないね。だから新たな1歩を踏み出して、新しい夢を掴んでね。私はここから君の大切なメンバーを応援しながら願っているから。
「待ってるだけじゃ明日はないから 動いた ここじゃ始まらないから」

ここから先は一人で誰もいなくてきっと寂しくて暗い道かもしれない。回り道かもしれない。それでも辛い顔は今はしないでおこう。

退所じゃない。卒業なんだ。別れじゃない。出逢いとの新しい始まりなんだ。それでも私は……君に会いたいって思う。でもまだ…いつかどこかで、笑って会いたいのだ。


またいつか…どこかで会えるといいなぁって、思うことにします。私が君に出会えた事を大事にしながら前を向きます。でも過去は捨てません。それじゃ、君に出会えた事が失敗になるから。間違いになるから。だから過去を大事にしながら前を進みます。







この歌詞に沿って書いた「つもり」ですStill... - 嵐 - 歌詞 : 歌ネット







仲田拡輝くん。私は君に沢山の幸せを貰いました。どんな時もグループを、ファンを考えてたヒロキは誰よりもカッコよかった。輝いていた。誇らしかった。こんなヒロキが所属してるTravis Japanのファンでいれてこの上ない幸せです。

まぁこんな事言いたくないけど、スキャンダルなんて無かったし、仕事に対する意識は文句無しだし、2016年にたくさんの新しいファンを付けて、どこのJr.担にも「仲田くんいいね」って言わせた。そんなヒロキがいる、ヒロキが大事にしてるTravis Japanのファンでいれる事が嬉しくて仕方が無い。ヒロキがTravis Japanで良かったと心から思う。

ジャニアイもえび座も、大学の関係でどうしても行けなくて、でも無理言って何とかして行ったアンダースタディが最後のヒロキでした。最後のヒロキが外部舞台って何か最高だなぁ。まぁ強がってるだけです。本当はえび座もジャニアイも行きたかった。

もし過去に戻れるなら、もう一回ヒロキに初めて出会った2011年のPLAYZONEに戻りたいなぁ。今度は、自分から守りになんて入らずに素直に応援したかったなぁ。君が私のTravis Japanにハマるきっかけで、入口でした。だからもう一度戻れるなら…ね。

JR.Aから、弟組5人を追加してTravis Japanになった時、あまりにもお荷物だった弟組に対して「本当は後輩が入ってくるのはイヤだった。だけど、今はみんなで頑張るしかないって思ってる」って言ったことを思い出したよ。そんなヒロキが僕のやる気スイッチとしてTravis Japanを選んだ事が嬉しかった。後輩が増えるのが嫌で仕方なかったヒロキにとってTravis Japanはそれぐらいかけがえの無いモノになってた事が嬉しかった。

たくさんの悔しいも嬉しいも、ファンになるのがしんどいって理由で避けてたくせに共有してました。もっと素直になれば良かったね、ごめんね。





涙は2月に置いてきました。ヒロキにはいつも楽しませてもらって、笑顔にさせてもらって、だからヒロキの事で泣くのが忍びない。笑っていたい。「ヒロキは私を笑わせてくれた存在でした」って言いたいのです。だから泣くのはおしまい。




…本当に有難う。今まで有難う。お疲れ様。ヒロキにPLAYZONEでハイタッチして貰った、あの時の感触は忘れません。勢いがよかったのかしてそこそこに痛かったです(笑)…まぁそんな事は置いといて…君の次の未来が明るい事を願っています。君の幸せを願っています。









f:id:greentea10:20170301172941j:plain



f:id:greentea10:20170301172952j:plain




f:id:greentea10:20170301173750j:plain



のえるくんを、みゅーとを、しめちゃんを、しーくんを、うみちゃんを、ちゃかちゃんを、あさひを……あらんちゃんを、今まで守ってくれて、大切にしてくれて有難う。







自分より他人を大切にし、いつも楽しい思い出を作ってくれたTravis Japanの大黒柱、仲田拡輝くんに向けて。私の拙い言葉でした。