君は私にとっての「最強」

泣いて、笑って、前に進もうね

アイノカタチ って

責任取れないから読まないで。

どっかに書いてたヤツだったんですけど、管理が面倒だからって理由で移しました!!でも読まないで下さい。

それでも読みたいって人だけ読んでください。

後、ネット上でのリンク貼り付けもやめて下さい。























この前ツイ○ターでこんな感じの事言ったんです。


(夜中だから言うんだけど、とらじゃさんは皆愛が重いって思ってるし、多分束縛してくるタイプだと思ってます😵💦)

だって重くないですか??私は重いと思ってます。

だからこれについてグダグダと妄想したいな〜とか思いつつ、こんなの書いたらフォロワー減りそうだなぁ…とか思いつつ、結局書きます(書くんかい)







ヒロキくんの場合

ヒロキくんは普段は束縛なんてしません。至って普通の彼氏です。まぁそう見せかけてるだけ。ヒロキくんは彼女の周りの交友関係を全て把握して、買収って言ったら言い方悪いですけど、彼女の行動全てを報告して貰ってるんです。つまり彼女の行動全てを監視してると言ってもいいですね。やだ、怖い。

だからたまに仕事終わりに寄り道したくて連絡も入れずに同期とブラブラしてると『仕事終わったんでしょ?早く帰っておいで』って連絡が来るし、友達と遊んでた時に大学時代の同級生(男)とバッタリ会って話が弾んでると『男に気をつけてね(笑)』とか、やんわりと怪しい連絡が来るんです。怖いね。

「何で仕事が終わってるって分かってたの〜?」
『ん〜俺ね、千里眼持ってるの』
「…何それ!!拡輝くん面白い〜(笑)」



ヒロキくんってあっさりした人だなって思ってるんです。あまり人に干渉しなさそう。だからこそ彼女に対して干渉のする時にその方法が分からない。だから狂った干渉の仕方をするかな〜っていうあくまで妄想。こんな事を平気でケロッとした感じでするし、特に罪悪感なんて抱いてなさそう。





のえるくんの場合

『週に14回会いたい!!』っていうのえるくんに対して「重いよ〜のえるくんは(笑)」って彼女は笑って受け流すんだけど、のえるくんの愛の重さはそれだけでは終わりません。のえるくんは何かある度に彼女に『俺がいないと何にも出来ないよね』って言うんです。彼女も段々「のえるくんがいないと私全然ダメだな」って思ってきます。そして何かある度に彼女はのえるくんに頼り縋ります。

のえるくんはこうして『彼女は俺に依存してる』って更に思い、彼女もそう思っていく。だけど、本当はのえるくんが彼女に依存しているのです。のえるくんにとって彼女は生きる理由で希望なんです。だから失うなんて嫌。だから何としてでも彼女を失わない方法として精神的に彼女を自分から離れないようにさせたのです。


何言ってるのか自分でも分からないけど、のえるくんって愛のベクトルが狂ってるなってよく思います。のえるってるって言葉で収まるのかな??彼女を精神的に自分無しの生活が出来ないようにさせるのえるくん怖いなぁ(笑)物理的には傷つけません。だって彼女が自分の手で傷つけたせいで泣くのは嫌だから。





しめちゃんの場合

しめちゃんは基本サバサバしてる。あんまり彼女に構わないし、放置する事も多い。彼女も少しは寂しいなとか思ってました。でもしめちゃんはそんな時に『オマエがいないと俺はダメだよ?お前はどこにも行かないよね?』って言ってくれるんです。それが愛されてる証でした。

でもいくら何でもそれは寂しいもので。彼女は友達に相談すると、別れ話を切り出してみたら分かってくれるんじゃない?ってアドバイスを受けました。彼女はその通りにしめちゃんに「……りゅうやが何考えてるのか分かんない……別れて…」って言います。するとしめちゃんは手首がガッと掴んで壁に押し付けて「何で…?どこにも行かないって…オマエ言ったよな…?」って悲しみと怒りに満ちた表情で言います。「…俺はオマエがいないと駄目なんだよ…オマエは…?」って言った以上『嘘だよ…りゅうやがいないとダメだよ…』って言うしかありません。こうしてしめちゃんは無意識に彼女を束縛するのです。


しめちゃんは結構サバサバしてる男の子だなって思う。THE男の子。だから彼女にもあまり構いません。だけどしめちゃんは彼女がいない生活がイメージがつかなくて、いてもらわないと困るって思ってます。だからしめちゃんのサバサバっぷりに嫌気が差して、何処かに行く度に『何でいなくなるの?』って問い詰めます。無意識に束縛をしているのです。あら怖い。





みゅーとの場合

みゅーとくんと彼女は至って普通のカップルです。本当に。至って普通だよ。ただ一つ言えるのは彼女が付き合ってる事を言いたくなくて隠してること。それが一つの要因として、みゅーとくんはいつもグルグルしてます。彼女はみゅーとくん以外のある男性に好かれてます。いつもソフトにボディータッチをしてくる人。みゅーとくんはそれを見る度に『オレのモノなのに…』って嫉妬をしています。

そんなみゅーとくんの『彼女はオレの所有物』としてする事は、彼女が寝ている時にそっと噛むこと。その日男性に触られた所をカプッと噛むのです。オレのモノだという、所謂マーキング的な感じです。スヤスヤと彼女が熟睡したら、そっと起き上がって『今日は手を触られてた』と言って、手首や腕に噛み付くのです。


みゅーとくんは噛みグセがあるって印象しか無くて、これを生かせないかな〜と考えてた時に思いついたのがマーキングでした。地味にねちっこい(笑)毎回とある男性に好意を抱かれて、触られてるのを見ながら嫉妬の念を渦巻かせて今日の噛む場所を考えてるみゅーと何かヤバイ。因みに頭を触られた時は首筋を噛むし、何も無かった時は太ももを噛みます。そんな噛み跡を見て、彼女は「みゅーとは可愛いなぁ」って思うのです。何やこれ(雑なツッコミ)





しーくんの場合

はっきり言います。しーくんはDVです。(断言)

彼女がいつか別れを告げるのではないかっていつも不安なしーくん。彼女はよく出来た子で、誰からも好かれて愛された子で、何で自分を選んだのか時々分からなくなります。 彼女が「私は閑也が好きだから選んだんだよ…?」って言ってくれる度、惨めに感じてしーくんはDV行為を行うのです。それでも彼女はしーくんを愛します。それがしーくんの自分に対する愛だと本気で思ってるから。自分で書いといて怖くなってきた。

殴った後に『ごめん……ごめん……』って謝ってくるしーくんに「ううん…そんな閑也が私は大好きだから気にしないで……」って言います。これを何回も何十回も繰り返すんです。無限スパイラル。


DVの心理って知ってます??DVって『自分の劣等感を世の中の人はしたがらない暴力行為をすることで優越感に浸るため』にするんですって。考える時に調べました(笑)他にもやっぱ愛情表現の下手くそな人とかしそうだよな〜って私は考えたりしました。しーくんって何でも卒なくこなすけど、こなすからこそ何か苦しんでそうだなって思ったんです。後、甘え方とかそういう愛情表現がヘタクソ(笑)≒DVに走りそうって安易な考えに至りました。





うみちゃんの場合

うみちゃんも話が早いから先に言います。ストーカーです(笑)段々自分が何言ってるのか分かんなくなってきた。

うみちゃんにはずっと思ってる人がいます。でもその人には彼氏がいて、思いを告げる事は一生無さそうです。自分の思いを断ち切れたら楽だったのに、うみちゃんはなかなか断ち切れず、いつももがき苦しみながら彼女をずっと見てました。見てるだけなら良かったのに…うみちゃんはあろうことかストーカー行為に走ります。彼女の後をこっそり付けたり、盗撮をしたり。彼女の住んでるマンションの近くにも引越ししました。そして偶然を装って『家この辺だったんですね!』って言うのです。彼女が「彼氏には心配かけたくないんだけどね…ストーカー被害にあってるかもしれないんだ…」って相談してきた時は『分かった。俺が代わりに何とかするから!』って言うんです。ストーカーは自分なのにね。そうやって彼女の中の自分の存在意義を大きくさせようとしてるのです。


「好きな人に4回も告白した!」って言ったうみちゃんがはっきり言って怖かったんです…普通に怖かった。マジかと思った。それを思い出して付けた設定がストーカーでした。何か悲しいよね。自分の思いは告げれない立場だけど、どうしても彼女の中の自分の存在を大きくしたくて、ストーカー行為に走るなんて。因みに自室は彼女の写真でいっぱいだと思う。





あらんちゃんの場合

あらんちゃんは周りから見ると、普通のカップルだと思います。彼女も本当に普通の子。でもあらんちゃんが闇を抱えてるんです。あらんちゃんの怖いところは自分の好きなもの、思ってる事は彼女の好きなものであり思ってる事だと押し付けることです。例えば晩御飯を食べようとした時、彼女が何にするか悩んでたら『これでしょ?だって俺の好みとお前の好みは一緒だもんね?』って言って勝手に決めます。本当は眠くないのに『俺が眠い時はお前も眠いもんね?』って言って一緒に寝ようとします。そうやって全てを押し付けられてきて自分が何だったのか分からなくなった彼女はこう言います。「私はあらんくんと同じ事を考えてるし、同じものが好きなんだ」と。


あらんちゃんも結構怖いなって雑誌読んでて思ったんです。というか妄想癖がある。好きな人には何回でも告白したい的な事を言った時に本当に怖いなって思いました。あらんちゃんって凄く完璧そうなのに、自分に自信が無いですよね。だから彼女の事が不安なんです。自我を持つ彼女の事が。だから彼女の自我を無くさせようとするあらんちゃんでした。





ミヤチカくんの場合

ミヤチカくんは『彼女には頼られたい』って思ってる子です。最初は至って普通だったし、彼女も1人じゃ無理だってなった時はミヤチカくんに頼ってました。でもそれが段々ミヤチカくんの行動で崩れてくるんです。ミヤチカくんの『頼られたい』っていう感情は段々狂い始めて、『もし怪我をしたら、その間ずっと俺の事を頼ってくれるかな…』って思い出したのです。最初は本にカッターを忍ばせて指に怪我を負わせました。次に腕を捻挫させたり、転けさせたり……色んな方法で彼女に地味な怪我を負わせ、「ごめん…色々手伝わせちゃって…」っていう彼女に『俺がいないとダメだね〜』って笑いながら手伝うんです。自分が怪我させたのにね。

そして顔に怪我をしてしまい、傷が残ってしまうってなった時は『俺がいないと本当にダメだね……俺がもらってあげるから…安心しておいで?』って言うぜ?面倒くさいなぁ。



ミヤチカくんは不器用です。多分恋愛面は結構不器用。だから、彼女に対して凄く不器用になりそうだな〜って勝手に思いました。そして「頼られたい」って感情がどんどんと先走りしてとうとう犯行(言い方)に及んだのです。彼女は多分ミヤチカくんが犯人なのは知りません。例え知ってても言わないと思います、何となく。うーーー、クソめんどい奴らだな!!!(口が悪い)





あしゃひの場合

朝日は彼女とは付き合ってません。でも朝日は付き合ってると思い込んでます。これがこの話の肝です。彼女は朝日に対して好意を抱いてる訳では無いです。でも大事な友達とは思ってます。だけど朝日は彼女が好きで、独占欲があります。何処か『アイツは俺の事が好きかもしれない、アイツにとって俺は一番の存在かもしれない』って。そして思い込みが激しいあまり付き合ってると勝手に思い込んでます。毎回『何で他の奴と楽しそうに話してんだよ!お前は俺のモンだろ?!』って言ってきます。でも彼女は「何言ってんの?」って思って、他の男子と話したりします。

朝日は彼女が言っても言っても聞いてくれないから、なら男の方に危害を加えればいいと考えます。そして彼女の隣に現れる男に大怪我を負わせます。『お前がアイツに近付いてくるから悪いんだ…アイツの隣にいていいのは俺だけなんだよ…?』って。独占欲の暴走です。


朝日は何か独占欲強そうっていうのが始まりでした。そこから色々と考えて辿り着いたのがこちらです。最初は小さな独占欲だったのにどんどんと強くなって暴走してしまう感じ、怖いしか言えない。因みに最初は彼女に近づく男を殺すって考えてました(笑)流石にそれはマズイから辞めましたけどね(笑)















長かった〜〜でも言い出した以上、ちゃんと考えてみたかったし書いてみたかったので、満足はしてます。これを読んで、皆さんがどう思うかは知りませんが、余興として楽しんで下さい〜〜!!!


如恵留くん、美勇人くん、朝日くんの案を一緒に考えてくれた仲良しのうみ担のフォロワーさん有難う〜〜お陰で完成したよ〜〜〜!!!!!








結構勢いで書いたので誤字脱字、何言ってるのか分からない部分もあったと思いますが、ここまで読んでくださり本当に有難うございました。





サンキューサンキューで〜〜す。

とらじゃのれりばんはさいこう


平仮名だし、略されてるし、何の話?と思いますが、「Travis JapanのLet it BURN!が最高だった」という話です。Jr.祭りの事も少しお話します。








ジャニーズJr.祭りの大阪城ホール公演。てっきりSupernovaをするのだと思ってたから、いきなり聞き覚えのないイントロが流れた時は頭の上にクエッションマークを並べた。「全然知らん曲や……じゃあキスマイか…*1」と消去法で思い、宮近くんを見続けているとドセンターでスッコーーン!!!!と転んで、ちょっとテヘッて笑った後、表情をガラッと変えて踊り狂い始めた。それが私とLet it BURN!との出会いだった。

それから数ヶ月…というか、1ヶ月?たった6月9日、ザ少年倶楽部で再びトラジャのレリバンが見ることが出来、これを何回も見返すことが可能な世界になった。(壮大)

何より、トラジャ個人の歌声が全員分TV越しで聴けることが出来るのが何よりの喜びだし、私は早速祭りの日に七五三掛くんのフォトセをポケットにねじ込んだ(?)関ジュ担のフォロワーさんに「見てね!」と言っておいた。後は、その子のためにWoo baby…とシュウテンナァァァイ⤴︎ ⤴︎をして欲しいけど…後、so Crazy……(欲深い)




そんな感じでれりばんを再生し続ける生活が続いてるので、そんなれりばんの感想をサラッとダラっと書こうかなみたいな感じです。いえい。







もうイントロから強い。フォーメーションちっくなキレッキレダンスに初っ端から殺される。そんなレベルでいきなりガツンとダンスで殴り殺してくるのがTravis Japanです。皆さん、ここテストに出ますよ。(出ません)


その後、繰り出されるのは宮近くんのソロパート

Breath IN 狙いを定めて

はい瀕死の重傷。
この子身長166.5cmなんですよ。それを感じさせないぐらい足を振り上げる姿はカッコイイ以外言えませんね。最高です。その後、「狙いを定めて」って言いながら、誘ってきますからね。ほいほい付いていくわ。多分その後殺される。既に目で殺されてる。怖い怖い。でも付いていく。私、宮近くんのファンで幸せだったよ。(遺言)
宮近くんはお顔が外国人チックで影が出来やすい顔をしてるから、こういう曲の時に自然と影が出来るのは強みかなって思う。世界観が出来上がる。


その後はシメちゃんのソロパート

SpeedIN 足を止めないで

え、えろーーーい!!!!なんじゃこりゃ〜〜〜。
何だろうね、いざ何処がエロいの?って聞かれると、あれどこがエロいんだろ…って思うんだけど、エロいのよ!!!分かる??!!?!……多分、目がエロいのかも…。シメちゃんって多分、露出の少ないエロさとかセクシーさを無意識に表現出来る人間なんだと思う。(何の話)
「足を止めないで」の時の手をこめかみ?にトントンってする所すごい好き。ゾワってする。ゾクってする。後、個人的に「止めないで」の「とめ」の部分がグッて下がる感じ?何だろ…分かんないけど、そこが凄く好き。


そしてみゅーとのラップ

…Yeah! 研ぎ澄ましたらRAT-TAT-TAT
…刻むビートはTIK-TIK-TOK

強い。
みゅーとくん、普段は平仮名喋りだし、歌声も比較的ふんわりしたタイプなのに、ラップになるとごつく(?)なるのは何なんだろう……カッコイイよね…。ひたすら「カッコイイよ」しか言えない病気にかかる。それぐらいカッコイイし、何か…様になってる。自分のモノにして、しっかりと消化させてる。でもこの時、事件がその後起きるとは思いもしなかった。(ナニコレ)


そしてしーくんのソロパート。

鼓動回して Move it BACK-TO-BACK

ひょ……ひょえ〜〜〜〜!!!!!!
当方、語彙を失いました。【求】語彙力
なんなの!!!凄いゴリゴリした曲なのにめっちゃ優しい!!!ミソスープ作ってくれて、寒くしないように温めてくれた母の優しさレベル!!!*2
そしてウインク〜〜。強いね〜〜殺されちゃうね〜〜ウインクキラーだね〜〜〜。あのウインクで100000人ファン増えた。海外にファン出来た。


またみゅーとくんのラップが来ます。

…踏み出せ Get on the FLOOR
…身を任せ Let it ROAR

まさかの言い間違え。
でも最初は全然気づかなかった。5回目ぐらいに違和感に気づいた。それぐらい誤魔化すのが上手いって、本当にみゅーとくんは凄いな……と真面目に感想。因みにみゅーとくんは「踏み出せ」を「身を任せ」、「身を任せ」を「身を回せ」って歌ってます。全然気づかなったよ……。それぐらいみゅーとくんのラップは様になってて、自分のモノにしていた。


その後はのえるさまのパート。

思いのままに踊れ

の……の……のえるさまぁぁぁぁぁ………(ひれ伏す)
凄いよ、のえるさまの力では人々は逆らえなくて、思いのままに踊らせるんだよ。何より「重いのまま」の時の動きが強すぎる。何だろ、地球潰しそうだよね??のえるさま怖いよ。「踊れ」の動きすらもなんか怖いよね〜〜操られちゃう〜〜。怖いな〜怖いな〜。(稲川淳二)
歌い終わった後も挙げた手をゆっくりと下ろしてるのえるさまは世界観にドップリと浸かってて凄く綺麗だなと思う。


そしてうみちゃんのパート。

遠い眼差し I can feel your HEART

よく出来ました〜〜〜(パチパチパチ)(スタンディングオベーション)
うみちゃんすらも強いって思っちゃうレリバンって何なの??うみちゃんって呼べない。目が強かった。強い意志を感じさせられて、惹き付けられてしまった。危うくうみちゃんに付いて行きそうになる、そんな感覚になった。「I can feel HEART」の所で手をゆっくりと握り潰す所すらもグッとくるから、なんかうみちゃんって凄いのかもしれない。後、「HEART」の部分でニヤってしてるのしんどくない??よくうみ担生きてるね??


そして朝日のパート

濁すような Ur SMILE

濃い〜〜〜!!!!!
こんな時でも朝日は濃い!!私は理解しました!!でもまだマイルドだよね……?何だろ…関西は使わないからお目にかからないけど中農ソースぐらい…かな…?(何の話)
「濁すような」の握り潰す手は、うみちゃんとは違う雰囲気だけどこっちも素敵。うみちゃんは手を取ってギュッとする感じだけど、朝日のは捕まえたら最後、逃がさないよって感じ。こんなにも表現の差が出てて、かじんちゅって本当にかじんちゅだな〜!!
そしてこちらも最後に少しニヤッとするから、本当にかじんちゅ。(日本語を喋れ)


そしてサビ前

誤魔化さないでCan U let it OUT?

「誤魔化さないで」に合わせて指をトントンってするシメちゃんに、少し怒られたいな…って感情が湧き上がったのは謝る。「Can U」の時の宮近くん、本当にカッコイイよね。ポケットに手を入れないで。死んじゃうから。お顔が最高なの忘れてて毎回ここで死んじゃうよ。その後にセンターを歩くみゅーとくんの帝王感。誰も寄り付かせない感がある。
そして何よりジャンプ。ここが今まで気持ち悪いぐらいフリが揃ってた中の唯一の個性が全開な部分。頑張って写真撮りましたよ。

f:id:greentea10:20170618001347j:plain

左から、のえるさま、うみちゃん、シメちゃん、みゅーとくん、みやちかくん、あさひ、しーくん

個性がここだけしっかりと出てるの。何かずるいな〜って思った。シルエットでカッコイイしさ〜〜。トラジャってやっぱりカッコイイし、強いよ〜〜(><)


そしてサビ。

やっぱりダンスで人を殺してる。強いもん、本当に誰も寄せ付けないって言ったら変だけど、近づいたら怪我する感じ…。「近づいてもいいけど、怪我したらごめんね?」感がある。これ、伝わらないよね??
そしてこのテンポ、動きで揃えてくるっていう…本当に怖いよ。実際にスロー再生してみたけど、ズレてないの。ピシッと揃ってるの。こんなにダンス細かいのに。本当に怖いなぁ。
個人的にはのえるくんのターンのブレなさが流石だなと思った。



因みに振付は

イントロ→シメちゃん振付
Aメロ、Bメロ→みやちかくん振付
サビ→みゅーとくん振付
アウトロ→しーくん振付

らしい。何となく個性出てるなって思った。しーくんの振付はまだ掴み切れてないが、イントロのシメちゃんのは、フォーメーション系。みやちかくんは結構細かい。振付すらちゃかちゃかしてる。サビのみゅーとくんのは、みゅーとくんってターンとか足腰を落とす系が多いなって印象を受けた。もっとトラジャの振付のクセとか考えたいな〜まだ勉強不足だ〜〜!!






後、これはおまけレベルだけど、歌声も自分なりに分析した。


▽のえるさま

正統派 ・・・☆・ 個性派
ふんわり ・☆・・・ ずっしり
しっとり ・・☆・・すっきり
若い ・・・☆・大人

柔らかくて、ロイヤルミルクティーみたいな、大人な甘さを感じさせる歌声かな?でも甘さ控えめなわけではなく、耳は結構とろける。


▽シメちゃん

正統派 ・・☆・・ 個性的
ふんわり ・・☆・・ ずっしり
しっとり ・☆・・・ すっきり
若い ・・・☆・ 大人

可愛い雰囲気、可愛いお顔に反して、低音で艶やかな歌声。ふんわりしつつも、しつこくなくあっさりしてて、聞いてて気持ちがいい。


▽みゅーとくん

正統派 ・・☆・・ 個性的
ふんわり ・・☆・・ ずっしり
しっとり ・・☆・・ すっきり
若い ・・☆・・ 大人

THE 王道ジャニーズ系ボイス。歌う時は少し甘めで爽やかさもあるが、ラップはワイルドで低音を響かせている。因みに普段は平仮名喋りだから、ギャップが凄い。


▽しーくん

正統派 ・・☆・・ 個性的
ふんわり ☆・・・・ ずっしり
しっとり ・☆・・・ すっきり
若い ・・☆・・ 大人

優しさの限界メーター振り切ってる。とにかくふわふわで、ハチミツみたい。トラジャの歌声の中和剤というか、いい感じに混ざってる。


▽うみちゃん

正統派 ☆・・・・ 個性的
ふんわり ・・☆・・ ずっしり
しっとり ・・・・☆ すっきり
若い ・☆・・・ 大人

クセがなく、正統派な歌声。聞いていてスッと耳に入ってくる。歌声の個性が強めなトラジャの貴重な存在かもしれない。そして歌が上手い、普通に。


▽みやちかくん

正統派 ・・・☆・ 個性的
ふんわり ・・☆・・ ずっしり
しっとり ・・☆・・ すっきり
若い ・☆・・・ 大人

歌によって雰囲気が変わるなと思う。レリバン等、カッコイイ曲は比較的大人っぽかったが、愛を叫べ等可愛い曲は子供っぽさが出る。


▽あさひ

正統派 ・・・☆・ 個性的
ふんわり ・・・☆・ ずっしり
しっとり ・☆・・・ すっきり
若い ・☆・・・ 大人

ねっとりと濃度が高い。でも見た目に反して声が高く、そこは子供っぽさを感じる。まだ不安定な感じがして、そこにも子供っぽさを感じる等身大な歌声。



















本当はダンスも分析したかったんだけど、ダンスはまだ勉強の身なので無理でした!!!ダンス出来る人教えて!!!!ダンスに関しては詳しくなったら、改めて色々と調べたいな〜とは思う。


とりあえずノリだけで書いたやつでしたが、ここまで読んでくれた人はお疲れ様でした。

*1:当方、キスマイとセクゾの曲が本当に知らないのです

*2:テゴマスのミソスープより

Travis 始末屋 Japanについて考えてみた



突然ですけど、皆さん8UPPERSって知ってますか??

8UPPERSとは、2010年に関ジャニ∞が出したコンセプトアルバムです。エイトの7人が始末屋として、世の中にある始末してほしいと依頼されたものを排除していくって仮想ストーリーを元にアルバムを制作、ストーリーに沿ったショートフィルム(と言っても、1時間越え)、そのアルバムを引っ提げてのツアーを敢行したっていうとにかくすごいヤツなんです(途中で雑になる)。ヲタクは皆大好きだと思います。私なんてショートフィルムをiPodに取り込んで、いつでも見れる状態にしてます(笑)

そんな最高なヲタク殺し案件をトラジャにもして欲しいな〜みたいな感じでこの妄想を産み落としました。*1


※こちら、仲良しのうみ担と盛り上がってたパロなんですけど、考えてたのが1月なんです……。本当はもう彼の名前は表に公表する場ではTravis Japanとしては出したくないって言うのが正直な所ではあるのですが、今回だけは許して下さい。



▽ストーリー


極道の跡取り息子である、ミヤチカ。しかし当の本人は一切家を継ぐ気がなく「俺は俺の進みたい道に行かせてくれ」と言って勉学に励んでいた。そんなある日、いつも通り学校にいたミヤチカに何者かに父親が殺されという悪い知らせが。組は解体された中、ミヤチカはある事を考えた。「父親の敵を討ちたい」と。そうしてミヤチカはあれだけ拒んだ闇の社会に仲間と共に自ら入る事になる。


的なストーリーを勝手に組み立てた。でも私のあらすじを書くという作業の圧倒的下手くそさが出てしまって絶望してます。【あらすじ まとめ方】[🔍]

今思ったけど、今年?去年?のエイトのツアーのOP映像みたいじゃない??え、待って。ここに来てエイトのオマージュ(言い方)が激しいぞ??



▽登場人物


▶ヒロキ

明るくいつも場を和ませる人物。基本は「うぇ〜い!!」って言ってるが、闇を抱えてる姿をたまに見ることが出来る。始末屋業務の時に使うのは、針やアイスピックといった細くとんがったもの。ターゲットに何気なく近づき仲良くなったところで、首の急所を突き刺し始末する。「ごめんね…」と切なく哀愁帯びた表情でいう姿はかなり儚く美しい。だけどうるさい時もある。


▶ノエル

始末屋トラジャのボス。ミヤチカからの任命によりこのポジションになった。依頼人に会って、依頼を貰ってくるのは基本彼。2人以上でこなさないとダメな大仕事の時の戦略も考えるのは彼。極たまに現場に出てくるが、その時の強さは異常で年下達をビビらせた。(なお、ヒロキ、シメ、ミュウトは張り合った過去があるので知ってるし、シズヤも何となく知っていた)


▶シメ

薬や爆弾を作るスペシャリスト。自分で作った催涙スプレーや爆薬などを使用する時の表情が狂気じみてて怖いと噂が耐えない。普段はとにかくぶっ飛んだ発言ばっかりする天使。昔は魔法の粉をちょちょっととか意味の分からないことを言ってた。因みに消し去りたい過去らしい。前線に出る訳では無いが、ストイックに体づくりをしている。


▶ミュウト

ヘタレでポンコツなスナイパー。本当にビックリするぐらいヘタレで、最初は撃つという動作を嫌がっていたが、自分をこの道に誘ったミヤチカの心中を知った時から心変わりをし、今では命中率90%に成長した。100%になる日は来ない。業務を終えると「マジ今日のターゲット怖かったべ?!」って騒いでる。シズヤに基本怒られてる。


▶シズヤ

始末屋トラジャの生活指導係。というか、殆どのメンバーの不可解な行動や、非効率的なことに対してツッコんでる。いつも大変そうで可哀想。始末屋業務の時は、基本拳銃を持ち歩いてはいるが使わずに体一つで殺りがち。返り血は基本気にしないが、仕事モードが切れるとめっちゃ気にする。今の悩みはボスのノエルさえもぶっ飛んできた事。後、仲間に甘えれないからってツンケンしちゃう事。


▶カイト

いっつも何かを食べてるか、もしくは寝ているかのそこそこの問題児。ノエルの指示も聞いてると見せかけて、たまーに聞いてなくシズヤに怒られてる。アサヒとはタッグを組むことが多く、始末屋業務の時に使うのはナイフ。小型のものと、所謂サバイバルナイフと言われるものと、二種類所持している。タッグを組んで業務をしている筈なのに、アサヒとはよく喧嘩をしている。大体はしょうもない喧嘩。


▶アラン

始末屋トラジャのイケメン担当。その美貌でターゲットと関係を持つ女性に近付き、情報を仕入れる。1回ホストクラブに潜入した時は、1日でNo.1になりかけて大変だった。その他、鍵開けの天才で大企業の隠された情報が書かれた書類の金庫を開けたり、またハッカーとしてネットから機密情報を仕入れたりしてる。よく寝坊をするが怒られた試しは無い。今悩んでる事は、イマイチギャグが受けない事と、前線で働かせて貰えないこと。


▶ミヤチカ

極道の跡取り息子。跡取り息子として日々稽古を嫌ながらもしてきたので、戦闘能力は高い。始末屋業務の時に使うのは親父の形見である2本の日本刀(ダジャレじゃないよ)。普段はとにかくうるさいし、ギャグは質より量タイプだが、業務中はそのうるささを封印し、カッコイイ刀捌きを見せる。ちょっと狂気じみてる。アジトでは和服姿なのが多く、全ては極道の跡取り息子時代(?)の名残り。


▶アサヒ

最年長に見えちゃう最年少。まだ18歳で当時は「無理してこの世界に入る必要は無い」と言われたが、アサヒ本人も殺された組長に可愛がってもらってた過去があり、ミヤチカと同じく敵を討ちたいと思いこの世界に共に入った。カイトとタッグを組むことが多く、カイトと同じくサバイバルナイフや小型ナイフを所持している。





ミヤチカを除く8人も組の幹部や部下を父に持つ息子達で、それなりに顔見知りだが、カイトとアランは特にミヤチカと仲が良かった。アサヒやシズヤもミヤチカとはよく一緒にいる事が多かった。 ヒロキ、ノエル、シメ、ミュウトはあまり話す事が無かったので、最初ミヤチカと共に活動をする事になった時は「若」と呼んでいたが、ミヤチカからのお願いで今では「若」以外の呼び方に変更している。

因みに普段はカフェ兼バーを経営している。(ノエル店長で)(アサヒが店長だと勘違いされるけど)


▽小ネタ集+α


・かじんちゅはいつもどうでもいい喧嘩をしていて、最近あった喧嘩はババ抜きでカイトが不正をしたんじゃないかって話をアサヒがして喧嘩勃発。

アサヒ「不正した!!」
カイト「根拠はなんだよ!!!」
シズヤ「もううるさい!!」


・アランは任務当日も寝坊する事が多くて、シズヤが毎回起こしに行く。

シズヤ「アラン〜〜早く起きろ〜〜時間なんだけど〜〜!!」
アラン「zzz」


・ノエルが一度前線に出てきた時にその強さにカイト、アラン、ミヤチカ、アサヒはガチで腰抜かした。

ミヤチカ「もうノエルくんとは喧嘩したくない…」


・そのノエルの強さは一緒につるむ事が多かったヒロキ、シメ、ミュウトは知っていたが、そんな彼らも昔はとんがっていた。

ノエル「そんなヒロキもシメも昔はとんがってたじゃん」
ヒロキ「待って!!俺らに振らないで!!」
アサヒ「マジっすか!!」
ミヤチカ「すげ〜〜」
ミュウト「待って、何で俺には何も言わないの」
アラン「ミュウトくんは強くないので」


・そんなとんがっていた時代の3人(+1人)の写真をノエルの部屋の鍵を開けて見つけるアラン

アラン「俺の得意技をここで使わないと」


・その写真をカイトに見せてたところノエルに見つかるあらんちゅ

ノエル「待って、それ俺の部屋にあったやつだよね、何で持ってるの」
アラン「カイトが見つけました(仲間を売る)」
カイト「え、ちょアラン!!」
ノエル「カイト〜〜(頭ぐりぐり)」
カイト「痛い痛い、ノエルくん痛い痛い」




(6/4追記)

フォロワーさんに予告動画的なものを作ってもらいました〜〜ちょいちょい笑えるポイントがあるけど、是非〜〜!!作ってくれたみやちゃん、ありがとう♡











パロディって考えるの楽しいね!!!またちょっと加筆修正とかすると思うけど、こんなもんで1回締めます!!




ここまで読んで下さり、サンキューサンキューでーす!!




*1:本当の理由は、宮近くんのことを「ちゃか」と呼ぶ時があって、チャカってヤ◯ザが使う銃の隠語じゃーーん!!ってノリから産み落としました。嘘つきました、ごめんなさい。

Mr.Funk様と愉快な仲間達


どうも!!あの激重ブログを連投することで有名なゆずりはです!!!(ウソです)




毎回毎回前振りが長いんで、とっとと本題に入ります。今日の喋りたいことはこれ!!!


Mr.Funk様と周りにいる愉快な仲間達!!


まず、Mr.Funk様って誰やねーーーん!!ってなる方も多いかもしれないので、少しだけ説明しますね!

Mr.Funkとは……2015年に行ったARASHI LIVE TOUR Japonismでの相葉ちゃんのソロです。そのソロで相葉ちゃん扮するMr.Funk様が愉快な仲間達…つまりはジャニーズJr.を引き連れて楽しく踊る姿がたまらなく好きだと全私が言ってるんです!!!



そんな去年のソロを未だに拗らせてる私が、愉快な仲間達担の私が、勝手に考えたMr.Funk様と愉快な仲間達の小ネタを沢山投下しようかな〜と思って、この文章をノリだけで打ってるのです。早くもこのテンションに恥ずかしさを感じてるんですよ…。







こいつをもうちょい掘り下げようじゃないか!!!と思って、設定を掘り下げたりする。

▽KOTA MATSUMOTO

・通称KOTA
・Mr.Funk様の一番弟子的存在として、毎晩のパレードをサポートしてる。Mr.Funk様の右腕
・どんな時でもビジュアルが崩れなくて、Mr.Funk様のファンが撮った写真にかっこいい表情でで写り込んでる
・他の部下達を優しい目で見守る姿にファンが急増してる
・ファンサの鬼でもあるから、追っかけのファンや通りすがりの人に投げチューするしうさ耳するし……毎回Mr.Funk様に「自重しろよ笑」って言われてる
・そして何より服装がダサいと裏で言われてるのはナイショ


KAITO MIYACHIKA

・通称MIYACHIKA
・No.2なのだが、No.3のKAITO NAKAMURAに「俺がNo.2!!」って喧嘩をふっかけられまくってる
・お顔が凄い濃くて、存在感バツグン
・長所はうるさい、短所もうるさいな彼に最初はウザイとか抱いてたMr.Funk様のファンが、とその小さい身体を感じさせないダンスや真剣な表情に落ちていく
・でもやっぱりうるさいし、一人でも喋ってるし、ボケもツッコミもするし…何ていうかうるさいなーーー
・しかし仕事が早いし、無駄な動きがない。口は無駄に動くけど


KAITO NAKAMURA

・通称KAITO
・No.3だけど、自分はNo.2だと思ってて毎回MIYACHIKAに「俺がNo.2なんだよ!!」って喧嘩をふっかけてる
・滲み出るヒモ感
・疲れちゃうとへにゃ〜ってしちゃって、No.5のASAHI KAJIYAMAに「働け!!」って怒られる
・基本ちゃんとお仕事はこなすけど、たまーにボーッとしちゃってミスる時があり、またしてもASAHIに「ミスるな!!!」って怒られる
・そんな怒られても尚、必死に頑張る姿が可愛過ぎると噂
・ご飯を与えると懐いてくれる(?)


▽RYUYA SHIMEKAKE

・通称SHIME
・愉快な仲間達のNo.4として日々Mr.Funk様に尽くしてるいい子
・最近Mr.Funk様との距離を縮めていて、ご飯にも連れていって貰ってる
・実際距離が縮んでいて「SHIMEちゃん」って呼ばれてて、凄く嬉しそう
・というかMr.Funk様がSHIMEを求めてる
・可愛いフェイスからビックリするぐらい重心の低いダンスを繰り出してくるので、ギャップがしんどい(ファンの証言)
・「昔は『天使の粉をチョチョチョ〜♪』とか言ってたのにな〜」ってMIYACHIKAに暴露されて、恥ずかしがってる
・不思議系というか天然というか


▽ASAHI KAJIYAMA

・通称KAJI
・No.5として、日々KAITOのお世話をしてる(?)
・年下なのに溢れるダンディーさに毎回ハテナを頭の上に浮かべるファンが多数いる
KAITOのお世話係と化していて、よく「ちゃんとしろ!!!」ってプンスコした声が響いている
・遅刻癖があって、怒られると3kg痩せた顔をして反省してる
・いつもKAITOと喧嘩しがちだけど、何だかんだで仲いいしKAITOが体調を崩してる時は誰よりも早く気づく
・やっぱ最年少だからお子ちゃまになる時もあって、そのギャップが堪らないと人々は言う












ずーーーーっと下書きに眠ってたからもう上げちゃえ!!みたいなノリであげたので、私も設定忘れてます(笑)

気になる方は本当にJaponism見てね。





お粗末さまでした。

沼は何処にでも転がってる〜気づけば宮近担〜

本当に人生とは分からないもので、何より自分の事って理解出来てるようで理解出来てないんだな…って凄く思った。








まさか宮近くんに落ちるなんて誰が思ったよ



てか誰がTravis Japanに落ちると思ったよ
私だよ









初めてTravis Japanを見たのは、2012年のPLAYZONE。同世代のTravis Japanが青山劇場という立派な劇場で1ヶ月間公演を行うことに、凄いと思っていた。

『同い年なのに…こんなお仕事するんだ…スゲェ……』そんな語彙力のないことを思っていた。

あ、当方97年組なので、中村海人くん、阿部顕嵐くん、宮近海斗くんを見てそう思ってました。梶山朝日くんに関しては年下だわ( ˇωˇ )






でも私は何となーーく、何となーーくだけどTravis Japan(面倒だからトラジャって略しちゃだめ??だめなの??)には落ちないって思ってた。いや、落ちたらダメだって。何となくだけどね。

何となくだけど、Travis JapanってPLAYZONEだけの為に作られたグループって思ってて、夏が終わればまた個人個人で力を付けるために頑張って、そしてまた夏に集まる……そんなグループだと思ってたから、いつか無くなるかもしれないって思ってた。だから、落ちる事は無いって思ってセーブをかけていた。



実際、青山劇場の閉鎖によりPLAYZONEが終わってしまった時「あぁ…トラジャ…」とか言ってた。本当にごめんなさい。



なのにさ?グループあるんだよね?!雑誌見てたら「あれ?トラジャ?!??!!!」みたいな(笑)「まさかまさかのグループ続行ですか?!」って(笑)本当に失礼極まりないなと思ってる。




まぁ、それからも色々あって、マッチ先輩のバックに就くって風の噂で聞いた時は嬉しかった。嵐も就くんじゃないかなって聞いた時もめっっっちゃ喜んだ。嵐担でもあるから。

そりゃ、嵐の後ろなんて今となっては素晴らしい事みたいになってきてるけど「デビューへの道が遠ざかるからバックに就くのやめて欲しい」って言ってるファンを見て、『まぁそうかもしれないけど、バック経験少ないやつにデビューなんてして欲しくない。後で苦労するだけだから』とか思ってた。

でもいざ蓋を開けたら、7人しかいないってなって頭の上にはてな浮かべたし、かと思えば年明けはタキツバは9人だしとか、本当にTravis 結局何人なんだよ Japan問題がずっと、ずーーーーーっと付きまとってきて『こりゃファンの人しんどいだろうな…私もしんどいわ』とか思ってた。

でもファンでも無い、見守ってきてた時間が長いだけってやつがそんな事話していいのか、話す資格はあるのかって思ってたから、遠くから見守りつつ、ファンにだけはならない方が良いのかも…とか思ってた。




ちょっと待って??

落ちないようにって言っておきながら、見守ってる時点でそれは落ちるフラグーーー!!!!!

あの時の自分にこの言葉を言ってやりたい。バカだわ。

本当に落ちるフラグがめっちゃ立ってる。今思うと、ダチョウ倶楽部かって言うぐらい落ちるフラグ立ってた。沼に落ちない落ちたくないは沼に落ちる合図。皆、これ覚えておくように。テストに出るよ。





それに、もう一つ。まさか宮近くんに落ちるなんてです。



あんだけ落ちない落ちたくないって言っておきながら、もしこれから先ファンになる時が来るなら、この人がいいって思ってたんです。


バカなのかな??私はバカなのかな??発言と行動(?)が一致してないよ???


まぁそんな私のバカすぎる行動は置いといて、これから先ファンになる日が来るなら、その時は多分兄組のファンだなって思ってたんです。きっと仲田拡輝くんだなって。

見事に予想外れてて笑う。自分の事って分かってるようで分かってないんだなって思った瞬間。

結局落ちた先は弟組だし宮近海斗くんだし、もう意味が分かんない。

しかも落ちて以降、今まで「ちゃかちゃん」呼びだったのに「宮近くん」としか呼べなくなってしまったし、宮近くんを見るとカッコイイとカワイイを兼ね備え過ぎててしんどいし、いつも以上に語彙力ないヲタクになるし、口癖が「宮近くんしんどいからヲタク辞める〜」だから、本当に人生何があるか分からない。

よく考えると、今まで現実で好きになる男の人の顔の系統が見事に宮近くんで更にしんどくなるし、もうフォロワーさんには「運命じゃ〜ん」みたいな軽さで言われる始末。

Twitterのbio欄は「宮近くんカッコイイbot」になってしまって、宮近くん担街道をまっしぐらに走ってて、本当に面白い。







しんどい事もあるけど、でもTravis Japanが楽しそうにしてるならそれだけで良いって思わされたし、こんなにも好きだって気持ちが湧いてくるようなグループに今まで出会えたかなってレベルで、ただただ好きだって、可愛いーーー!!!って気持ちだけが漏れていって……やっぱ私トラジャ担だわって、今の気持ちを書き記しておきたいって思ってこのブログを書きました。




いつ落ちたのかとかもう思い出せないから「おいおいマジかよ〜」って気持ちなので、思い出し次第追加しときます( ˇωˇ )













こんなツラツラとダラダラとどうでもいい話にお付き合い頂き有難うございました。勢いだけで書いたから、文章ハチャメチャなんだろうな…でもそれぐらいのテンションで生きてます。実際フォロワーさんに言われたんですが、宮近くんと私の共通点が多いらしいんです…。

【私と宮近くんの似ているところ】

・うるさい
・一人でもしゃべる
・笑いに貪欲
・司会進行しがち
・ボケもツッコミも可能
・妄想しがち
・いきなり現実突きつけたり、重い。
・うみ担に厳しい←


あーハイハイ似てますねって思った。とにかくうるさいし、1人でも喋るし、関西人っていうのもあるのかして笑いを取りたがるし、周りが話を脱線したがる人ばっかだったから司会進行する様になったし、基本ツッコミだけどボケたいし、変な妄想するし、現実突きつけたり、重い話大好きだし、そして宮近くんはうみちゃん(中村海人くん)に厳しいけど、私はうみ担(限られた人)に厳しいわ(笑)



ここまで似てきたら、本当にマズいなって思ったけど、ファンやめれない確信しか無いから元気に宮近くん担をやっていこうかなと思いました。





いい加減やめます。着地点分かりません。終わります。








本当にこんなにツラツラ、ダラダラと喋ったのにここまで読んで下さり有難うございました。こんな事言ってるけど、掛け持ちは辞めてないし、Snow Manの阿部くん好きだし、真田くん好きだし、何なら宇宙SixもMADEも相変わらず好きだし、関ジュ担もゆるゆると続けます。だからこれは担降りブログではない事を、ご理解下さい。まぁこれから先優先順位は変わると思うけど。













次回「嵐とTravis Japanの親和性って高ない??歌って欲しい曲で一つブログ書きたいなーーでも歌って欲しい曲って何か責任感じる…あ、そうだ!!Travis Japanメンバー各位に似合いそうな曲とかそういうのにしたら、責任緩和しそう!!よし、それでブログ書くぞーーー!!!」スペシャルをやります*1

ここまで読んでくださり、サンキューサンキューでーーーーす!!!*2



*1:J-web、ふぉ〜ゆ〜の連載『あ〜ゆ〜ことふぉ〜ゆ〜こと』福田くんの締め方です

*2:ふぉ〜ゆ〜の決まり文句(?)

流行りのジャニヲタバトンとやらをやってみた



たまには(?)流行りに乗ってみよ〜っていうノリでやってみます。


_____________________________________________



じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】

ゆず
(数ヶ月前までは長年親しんできた違う名前を名乗ってたけど、リニューアルした)


【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】

名前:櫻井翔くん(嵐)
好きなところ:賢いところ、笑い声、ポンコツっぷり、無邪気なところ、歌声、たまに光を失う目
担当になったきっかけ:元々嵐が好きで特に担当はいなかったけど、多分山田太郎ものがたり見た時に「翔くんのファンになろう!」って思ったかも。


名前:藤井流星くん(ジャニーズWEST)
好きなところ:ポンコツ、アホ、笑顔、声、優しさ、顔
担当になったきっかけ:7WEST時代に、元々違う子が好きで、りゅーせーなんて「チャラい…」としか思ってなかったけど、ある時に見たりゅーせーがとんでもないくらいアホで「可愛いやんけ…」ってなった瞬間落ちた。




どうしようもない掛け持ちジャニヲタで他にもいるっちゃいるんだけど、この辺で抑えとく。担降り出来ない人間。とりあえずYJ遺族でもあるよ。


【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

気がつけばジャニヲタ。母親がジャニヲタなので、家にはジャニーズが溢れていた。そんな中で育てられたらそりゃジャニヲタになる。


【担当遍歴】

掛け持ち野郎で担降り出来ない芸を持ってるので、遍…歴……?って感じ(笑)


【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

B.A.D(中間くん、桐山くん)→どんな時でも共に背中合わせに、戦い続けてきた2人にはもう言葉に出来ない何かがある。未来はボクらの手の中にあるっていうドラマのメイキングで照史くんが未来についての質問で

「未来は見えてないですけど(略)、たぶん…ってか絶対だと思いますけど、俺は淳太と一緒に笑ってるなぁって」

その言葉にB.A.D.の全てがある気がする。
何年後でも何十年後でも何なら生まれ変わっても彼らは一緒にいる気がする。


【1番心に残ってる現場】

『ARASHI Anniversary Tour 5×10』

今まで行った現場は全部楽しかったけどこれが何だかんだで一番。初めての嵐だったから。


【初めて行った現場】

KAT-TUNTOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You

良く分かんないまま母親に連れられて行ったライブ。「かとぅーんっているんだ…」ってリアルに思った。


【最近行った現場】

ANOTHER

最初は行けるか分かんなかったけど、御縁あって行けた現場…!!もし私が死んだら松竹座に骨埋めてね(笑)


【次行く現場】

A.B.C-Z城ホ!!

楽しみすぎる。いつ見てもえびさんのパフォーマンスは凄すぎてポカーンってなる。


【記憶に残ってるファンサ】

当時小学生とかの時に入ったNEWSのライブで、まっすーの団扇を持っていたのにも関わらず、シゲアキ先生が指差ししてニコーーってしてくれた事。凄く嬉しかった。


【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

1位 PARTY MANIACS(ジャニーズWEST)

嫌いな人はいないと思う。めっちゃカッコイイEDM曲。「ヨォッ!!!!カンダンウィズミッ!!!!」っていう神ちゃんカッコイイ。馬鹿にしてないです。いつか、ドームでレーザーガンガン使って踊ってね。KAT-TUNさん参考にして??特効の使い方カッコイイから。後は担当さんであるりゅーせーの「What?」以降記憶を失うのが私のルーティーン。

2位 Dream Catcher(関西ジャニーズJr.)

とりあえず聴いてくれ。悲しくなくても何だか泣けてくる。関ジュのメインがデビューにより抜けて、仲間も東京に引き抜かれ、勢いを失ったとかやいやい言われてきた関ジュ達が一致団結し、この現状を打破しようと舞台に打ち込み、そして主演映画を飾った時の主題歌。この曲を聴いて涙を流した事なんて無いと思います。こすりすぎて振りも覚えました(笑)

3位 Masterpiece(関ジャニ∞)

このダンス曲が見たくてこの年のライブに行ったっていうぐらい好き。程よいエフェクト。ヤスくんのあのパートの歌い方が凄い好き。その後のすばるくんのパートも好き。ていうか、全部好き。それぐらいこの歌が何故か好き。


【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

1位 マスカレード(嵐)

単にJaponismを最近ずっと見てるからってだけなのかもしれないけど、歌謡曲らしく昔ながらの振りをつけた大野くん流石すぎる。スタンドマイク…!!めっちゃカッコイイ。最後の水を吹くのは良く分かんないけど。

2位バンバンッ!!(ジャニーズWEST)

バババババババンッ!!って言いながらファンを手で撃つ振り。ファンも一緒にしちゃう。あの空気感とか景色がめっちゃ泣けてくる。「こんな喜び こんな瞬間そう 続け永久に」(ジャニーズ楽曲大賞風)

3位 Fly a Flag(A.B.C-Z)

choreographer が!!屋良くん!!そんなの嫌いな人いない!!!とにかく見てくれ!!言葉じゃ伝わらん!!!


【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

曲云々じゃなく嵐のバックにつきたい。嵐のライブで嵐だけじゃなくバックJr.がいて成立するところがあるし、何よりあの中に入りたい…!って純粋に思っちゃう…しんどそうやけど(笑)
後は、皆大好きだと思われるリアデラ…ファンの方々に「ハイハイハイハイ!!!」「一番!二番!三番!!」って言われたいし、まずリアデラを踊りたい…。
ジャニストのバックで無駄にハジけてファンに「やべぇww」って言われたりもしたい。ええじゃないかとか、浪速一等賞とかで…。

本当に曲云々の話じゃ無くなった。


【1番好きなペンライト】

うーーん、NEWSさんのペンラはオシャレで凄い好きなんだけど、何せ手元に無い…(笑)
後は、KAT-TUNのペンラ。ありゃ凄いよ。銃だよ、銃。婚約指輪だよ、婚約指輪。剣もあるよ。


【1番好きな衣装】

エイトの2009-2010のカウコンと8UPPERSで着てた赤のチェック衣装。めっちゃ可愛いし、メンバーそれぞれの個性があって凄い好き。あれを7WEST*1に着て欲しいとか思ってた。


【よく買う雑誌】

前半3誌のうち、1冊2冊ほど。特にWiNK UPさんはKAT-TUNが最高だったのと、他のグループの写真もなかなかに良くて、裏切らないと思ってるから毎号買ってる。


【この映像は見て欲しい!というオススメ】

KAT-TUNのライブDVD。これは何見てもびっくりすると思う…ライブの規模?って聞きたくなる。10ks!オススメしておきます。レーザーとか特効の使い方がカッコ良すぎる。赤のペンラすら芸術の一つになってる。
KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks!"(初回限定盤) [DVD]
KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks!"(通常盤) [DVD]

後は、今年出た嵐のJaponismライブDVD。何度見ても飽きないし、ライブってよりショーを見てる感じ。呼吸忘れる。フルで見たら、最後疲れてる(笑)
ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism(初回プレス仕様) [Blu-ray]
ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism(初回プレス仕様) [DVD]


【ジャニヲタになる前の趣味は?】

気づいたらジャニヲタ人間だけど、友達の影響でアニメとか見てた時期もある。声優も何となく分かったりする。


【最近気になっている子】

東西Jr.のちっちゃい子達??高校生以下っていうか…あの辺を覚えたいなーーー?後、無所。嵐とNEWSのバックに出てる子達。


【最後に一言!】

もう何処が好きなんだよ!って話ですね!!!!
ネットでも人見知りガンガンしちゃいますが、別に変な人じゃないし、何なら慣れると楽しい奴(だと言われた)のでお気軽に話し掛けてね!!うん!










親子でジャニヲタしてると節操ねぇ。








*1:今でいうジャニーズWESTの年下4人